スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベアリング




はい、こんばんは、親玉です。

先日から紹介してますホイール塗装ですが、今回はついでと言ってはなんですが、ベアリングの交換も一緒にやりましたよ~

ま、ごくごくフツーのシールつきのベアリングですが、うちでは品に交換する際にそのまま組むことはありません。

まずはシールを外して、もともと封入されているグリスをキレイに洗い油で洗って取り去ります。

で、そのあとに、高負荷にも耐えられるちょっとエラいグリスを手のひらや指先を使って、これでもか!!というくらいに刷り込みましす。で、余分なグリスをキレイに取ってから、またシールをはめ込んで終了ですね~

実際、信頼性バツグンの日本製のベアリングなので、ココまでしなくてもイイのかもしれませんね~

でも、なかなか交換する機会がないものですし、ベアリング内にグリスがキッチリ封入されているかの確認も出来ますしね~(ココだけの話、前はシール外してみたらグリスがほとんど入っでないベアリングをちらほら見かけたものです)

しかし、このシール付きベアリング、シールの抵抗がハンパないです…

シール外すとおんなじベアリングじゃないみたいにかる~く回ります。

でも、レースする車両じゃないし、ゴミ噛みなどがあるとベアリングの寿命が加速度的に短くなるので、ココのフリクションには目をつぶって、シールでしっかり封入します。

世間的には、派手?なカスタム、高~い部品をつけてるとかばっかりが目立ちがちですが、こういう、目に見えない場所や細かい基本的なメンテがバイクを日々楽しく乗る為にとても大事なコトなんですよ~
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。